ShioriLearns

30代前半のOLが学び直しをきっかけに少しずつ人生を上向きにしていくブログ

私がイギリスの大学院にオンラインで通うことにした理由 ②(学校探し編)

f:id:shiorilearns:20170831191004j:plain

こんにちは。しおりです。

私は2014年から2016年までの2年間、オンラインでイギリスの大学院に通い、教育学修士号(MA in Education)を取得しました。

既に社会人として働いていた私がなぜ大学院進学を目指すに至ったのか、そしてなぜオンラインという選択肢を選んだのかについては、前回の記事にてお話しています。

今回は、数あるプログラムの中からイギリスの修士課程を選んだ理由についてお話します。当時、海外の大学院にオンラインで通うということはまれで、周囲にもほぼ前例がありませんでした。私の例が、今後誰かの役に立つことがあればいいなと思います。

ちなみに私が通ったプログラムはこちらです。

 UCL Institute of Education (MA in Education)
(ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン 教育大学院 教育学修士課程)

なぜ海外の大学院にしたのか

今回大学院探しをするにあたり、譲れないポイントが三つありました。

  1. オンライン完結型(=通学の必要がない)プログラムであること
  2. 世界でも通用する学位が得られること
  3. 出願プロセスがシンプルであること

これら全てを満たす大学院を探し求めた結果、海外の大学院に辿りつきました。

オンライン完結型にこだわった理由は、フルタイムの仕事を持ち家庭もある私にとって、夜間の通学が必要なプログラムは検討できなかったためです。その他オンラインで大学に通う事のメリットについては、前回の記事にて詳しくご紹介しています。 

さて、オンラインで通える大学院を意気揚々と探し始めた私は、すぐさまある現実にぶち当たりました。それは、2013年当時の日本において、オンラインで完結できる教育系の修士課程は、ほぼ存在しないという現実でした。

一部、通信教育型(テキスト配布+論文)で単位取得できる大学院ならいくつか開講されていることがわかりました。しかし、文献をひたすら読み、論文を書き上げて単位認定してもらうという従来型の教育方式は、当時の私にはあまり魅力的に映りませんでした。と言うのも、当時既に海外の大学院では、インターネット経由でリアルタイムに講義を聞き、先生や他の生徒とオンラインでディスカッションをしたり、一緒に課題やプロジェクトに取り組んだりといった、ダイナミックな学びを売りにしたプログラムが多数開講されていたからです。どうせならよりよい環境に身を置いて、最大限の収穫を得たいと思った私は、必然的に海外のプログラムに目を向けるようになりました。そして英語圏を中心に、オンライン学習に対応したプログラムをいくつか見つけました。

なぜイギリスの大学院にしたのか

f:id:shiorilearns:20170913185137j:plain

特にイギリスにこだわっていたわけではありませんでしたが、上記の譲れないポイントを軸に比較検討していった結果、イギリス勢に絞られていきました。その背景にはいくつかのメリットがあります。

イギリス大学院のメリット①:オンライン教育の体制が充実している

以前、ヨーロッパのEdTechに関する記事を書いた際にもお話しましたが、イギリスは過去何百年にもわたり、通信教育のノウハウを蓄積してきた国です。このノウハウをベースに、世界でも最先端のオンライン教育を実施しています。

私が大学探しをしていた2013年の時点で、既にイギリスには、100%オンライン完結型の大学院プログラムが各分野に山ほどありました。Open Universityのような通信型大学だけでなく、オックスフォード大学ケンブリッジ大学といった世界に名立たる名門大学までもが、オンライン完結型のプログラムを多数開講していました。こういったプログラムでは、オンラインだからといって手加減されるわけではなく、入学から卒業に至るまで通学の場合と同様の基準が適応されるため、質・評価ともに折り紙付きです。またテクノロジー面も進んでおり、インターネット経由でリアルタイムに講義を視聴出来たり、見逃した場合も録画配信してくれたりと、生活に合わせて柔軟に受講できる点も魅力でした。この時点で、私の譲れないポイントのうち、二つが同時にクリアされました。

他国では、当時まだ100%オンラインのプログラムは少数派で、普段の授業はオンラインでも試験や実習の時は現地キャンパスに足を運ばなければならないなど、制約があるものが多い状況でした。(たまに100%オンラインを売り文句にしたプログラムを発見して詳しく調べたら、いわゆるディプロマミル※1といわれる大学であったという事もありました。)

イギリス大学院のメリット②:出願プロセスがシンプル

f:id:shiorilearns:20170913185500j:plain

出願プロセスの面でも、イギリスに軍配が上がりました。イギリスの大学院は、他国に比べて出願のプロセスが非常にシンプルになっています。その理由の一つが、「UCAS」という総合大学出願システムです。これにはイギリス国内のほとんどの大学が参加しており、受験者は各大学へいちいち出願書を送付しなくとも、こちらのシステムを通して簡単に複数大学に併願することができるようになっています。個人情報やCVなどの書類を最初に登録しておけば、全ての大学に対してその情報を使用できるようになっています(※志望動機などは、もちろん大学ごとに用意して下さい)。他国では、少なくとも当時はまだ大学ごとに個別で出願するのが主流でした。

もう一つの理由は、イギリスの大学院に出願する場合、推薦状の提出が二通で済むという点です。欧米の大学院では、出願の際、複数の推薦状を提出するよう求められます。これは、過去にお世話になった大学教授や職場の上司などから、「この学生(社員)は優秀なので、貴校に推薦します」という旨のお墨付きを、書面で頂かなければならないということです。各方面の忙しい方々に頭を下げ、二通の推薦状をかき集めるだけでも大変なことですが、これがアメリカになると、三通の提出がスタンダードとなります。この点でもイギリスに分がありました。

UCL Institute of Educationに決めた

大学選びにおいて譲れないポイントを軸に、数か月かけて理想の大学院探しを続けた結果、3つのプログラムが最終候補に挙がりました。一つは、レスター大学のMA International Education、そしてバース大学のMA Education、そしてUCL Institute of Education のMA Educationです。

この中で私は、UCL Institute of Education のMA Educationを選択しました。今振り返ると、私にとって最良の選択だったと思っています。

このプログラムを選んだ理由については、次回の「学校決め編」の中で詳しく解説していきます。

 

---------------------------------------------------------------------------------

※1 ディプロマミル…金銭と引き換えに、就学の実態がなくても学位を授与する非認可の大学の総称。