ShioriLearns

30代前半のOLが学び直しをきっかけに少しずつ人生を上向きにしていくブログ

スマホで通える大学「東京通信大学」 が2018年4月開学とのこと

こんにちは。しおりです。 

スマートフォンで通えて学位を取得できる大学、「東京通信大学」が2018年4月に開学するそうです。

ウェブサイトの事前情報によると、スマホで見られる15分単位の講義を中心に授業が進められ、一切通学することなしに大学を卒業できるという革新的なカリキュラムとなっているようです。イギリスの大学院をほぼオンラインで修了した私としても、見逃せないニュースです。

この大学について色々調べてみると、忙しい社会人でも無理なく学べるような工夫が凝らされていることが分かったので、今回は勝手にレポートしてみたいと思います。 

オンライン完結型、かつスマホでの受講を第一に想定

ウェブサイトを見て良いと思ったのは、完全オンライン完結型という点と、中でもスマートフォンでの学習を想定しているらしいという点です。「15分、スマホで大学、はじまる。」というキャッチコピーや、ウェブで先行公開されている広告動画からもわかるように、スマホでの受講を強く意識したインターフェイスになっているようです。

さらに注目すべきは、各講義が15分単位で配信されるという点。15分のスキマ時間があれば、一つの講義をまるごと視聴できてしまうわけです。

忙しいビジネスマンにとっては、お昼休みのちょっとした時間で講義を見られるのはとても便利ですし、子育てや家事で時間が分断されがちなパパママにとっても、より学びが身近になります。

また、しばらく学びから離れていた社会人の中には、普段勉強机に座るという習慣が全くない人も多くいます。そういった人々にとっては、30分間勉強机に座るというだけでも大変なことです。ところが、ソファに座って15分程度スマホと向き合うことから始められるというのであれば、ハードルがぐっと下がります。

ちなみに、15分の動画を見ておしまい、という訳ではもちろんないようです。動画の講義をもとに、他の生徒とオンラインでディスカッションをしたり、課題をこなしたり、テストを受けたりというプロセスを経て、単位認定に至るということです。動画で学習した内容をディスカッションや課題で深めていくという、実践重視のカリキュラムのようです。今はやりの反転型授業ですね。

今需要がある分野に完全注力した学部構成。資格取得のサポートもあり

ウェブサイトによると、来春の開学時点では、以下の学部学科を開講予定だそうです。

情報マネジメント学部 情報マネジメント学科

人間福祉学部 人間福祉学科

ITと福祉の二分野に特化しているということで、どちらも今の日本社会で需要が見込まれる分野ですね。就職またはキャリアアップを強く意識した学部構成となっています。

さらに、情報マネジメント学部では、プログラミングやシステムを中心に学ぶ「IT・情報システムモデル」というコースと、経営寄りの学問を中心とした「経営・マネジメントモデル」、さらにマーケティング分野に特化した「マーケティング・社会調査モデル」という3つのコースに分かれています。いずれのコースも、需要の多い実学分野にフォーカスしています。

さらに資格取得にも力を入れていくようです。社会福祉士のような国家資格から、ITエンジニアの登竜門と言われる基本情報技術者、さらに日商簿記のような定番資格まで、就職に強い資格に特化していることが伺えます。就職や転職を目指している方には心強いですね。

一方、ウェブサイトで見られるパンフレットの情報によると、英語系の科目や、「プレゼンテーション」「アカデミックライティング」といった学術スキル系の科目、さらには「ジェンダー論」や「文化人類学」といった教養系科目も開講されているのが大学らしいところです。

ちなみに気になる講師陣ですが、パンフレットを見ていると、教歴の面でも研究の面でも、しっかりとした教授陣を揃えているようです。実務畑で活躍して来た実務家教授陣と、研究肌のアカデミックな教授陣がバランスよくいる、という印象です。

リアルでのサポートも配備。東京・大阪・名古屋にサテライトキャンパス設置

オンライン完結型の大学ですが、東京・大阪・名古屋の三都市にサテライトキャンパスがあり、対面型のサポートも行うようです。この大学の母体は、日本教育財団という学校法人ですが、あのモード学園やHALなどを運営している学校法人なんですね。ということで、もし学生になったら、あの新宿のコクーンタワーがキャンパスとなる模様です。図書館やコンピュータールームも完備されており、さらに生身のアドバイザーに学習面での相談ができるなど、サポート体制が充実しています。完全オンラインという形式に不安を覚える方も、リアルでのサポート体制がしっかりしているという点は安心材料になりますね。

何といっても学費が安い

最後に学費をチェックしてみると、四年間の学費の合計は62万円とのこと。国立大学でも入学金と初年度の授業料だけで80万円近くかかることを考えれば、四年間通って62万円という価格設定には割安感を感じます(注:資格取得やスクーリングを行う際は、別途費用がかかるとのこと。詳細はウェブサイトを参照)。しかも仕事とも両立が可能であることを考えると、金銭的には余裕が出てきそうです。

今後の要望

ここまでメリットばかりを書き連ねてきましたが、色々調べる中で、一学習者として今後こうなったらいいなという点も見えて来たので、書かせて頂きます。

一つは、将来的に専攻分野の幅を広げていって欲しいということ。恐らく今はスタートアップなので、最も成長が期待できる分野に絞って戦略的に運営する方針を取っていくと思われますが、将来的には文系理系問わず、学部のバラエティを広げていってくれたら選択肢が広がっていいなと思います。前回の記事でご紹介したイギリスの例のように、スマホタブレットで様々な学問にアクセスできるような社会が日本にも訪れたら、素晴らしいと思います。とはいえ、これは一大学の力で到底実現できるものではなく、日本の大学に一丸となって取り組んでもらいたい課題です。

もう一点は、このようなバーチャル大学に進んだことをきっかけに、社会への興味を取り戻したり、人との関わりへの意欲を取り戻したりする人たちも出てくると思われます。そういった人たちがバーチャルと並行して、リアルでも学ぶ機会を得られるような導線があったら良いと思います。例えば、全日制の大学と提携して、単位交換制度を設けるなどしたらどうでしょうか。全日制の大学に通う学生たちにとっても、夜アルバイト後に自宅でスマホから授業を受けて一部単位に交換できるなら、メリットがあると思われます。

さらに、東京通信大学での学びをきっかけに、海外へ興味を持つ学生が出てきてもおかしくないと思うので、海外のオンライン大学と提携してバーチャル留学などできるようにしても面白そうですね。MOOCsとの単位交換もありかな。

……という風に要望を言っているときりがなくなりそうなので、今日はこのあたりでやめておきます。

おわりに

今回は、来春開学予定の東京通信大学について色々と調べてみました。メリットと思われる点や今後の要望について書いてきましたが、実際には走り出してみないとわからない部分も多いと思います。しかし、海外の大学院をほぼオンラインで修了した経験のある私から見ても、東京通信大学のプログラムは学びやすい工夫が随所に凝らされており、期待が持てるのではないかと思いました。私が所属していたロンドン大学のプログラムでは、長めの講義が中心でとてもランチライムに受講できるものではありませんでしたし、スマホへの対応も万全とは言えませんでした(※2016年当時の情報)。そう考えると、東京通信大学のプログラムは革新的ですし、こういった大学が日本に誕生したことについて、純粋にわくわくします。

就職や転職を考えている社会人の方や、ブランクのある主婦の方、さらにこれまで様々な理由で大学進学を諦めて来た方など、東京通信大学のプログラムをチェックされてみてはいかがでしょうか。

今後も引き続きウォッチしていきたいと思います。

東京通信大学の広告動画はこちら:
https://www.youtube.com/watch?v=vBXRhvyMaRQ#action=share